スーパーの友達

スーパーの日配食品コーナーには私の友達がいる。
それはコーナーの主のように振舞っている豆腐や納豆ではない。
また、各メーカーが趣向を凝らした生ラーメンパックやうどん玉でもない。

それは豆類(パックの煮豆)であり、練り物たちである。
もっと詳しく言えば、フジッコのお豆さんたちであり、夕月かまぼこである。
特に私は黒豆さんが大好きで、普段からよく買っては食べている。

平時において黒豆さんはさほど人気を博してはおらず、少し寂しげな様子を見せている。
何せ黒くて地味な彼らは、どうしても弟分のこんぶ豆やひじき豆の後塵を拝している。
私とてそれら弟分に手を伸ばすときもあるにはある。
しかしそんな時も、黒豆さんとの長い付き合いと友情の固さにより、兄弟いっしょにかごに入れるのが常である。

このように私は黒豆さんとの義理は果たしているつもりだし、
黒豆さんも変わらぬ味と求めやすい価格で私との友情に応えてくれている。
もうかれこれ何十年もこの関係は続いている。

が、しかしである。毎年この時期になるとこの固い友情に翳りが見られる。

年末のスーパーにおいて、私の友達はいつもの地味な装いをかなぐり捨て、
紅白に彩られた陳列棚にちょこんと上品に座っている。
おせちに欠かせない一品である黒豆さんは、この時期凄まじい人気者になる。
人気に伴いその価格も普段の数倍に跳ね上がる。これを唱えて「ザ・正月価格」。

私が前を通ってもいつものように声をかけてはくれない。
裕福な奥様たちにチヤホヤされて黒豆さんは我が世の春を謳歌しているようである。
黒豆さんと私の平時の付き合いからして、こんな他人行儀な価格は出せない。
私は日配食品コーナーに背を向け、別の売り場に歩を進める。

「意外に脆いわれらの友情よ」と嘆きつつ、
私は鮮魚売り場や精肉売り場の「ザ・正月価格」に浮かれ気分で財布の紐を緩めてみたりする。
そんな時、背後から少し鋭い視線を感じ、クルッと振り返ってみるのだが、
そこには、先ほどよりさらに賑やかになった紅白の日配食品コーナーがあるだけだった。

年明け。毎年七草粥のころには私たちの友情は何事も無かったかのように修復されている。
骨折した箇所が前より硬くなるように、私と黒豆さんの関係も年々強固なものになっているようである。

今年ももう終わり。友よ、来年もよろしくお願いしますね。

基本的に缶コーヒー(再)

話は缶コーヒーのことである。
私は缶コーヒーに弱い。飲むと十中八九胃もたれに陥る。
缶コーヒー以外のコーヒーは大丈夫なのだが、缶コーヒーには相性が悪い。
メーカー、糖度、温度問わず胃がもたれる。
もちろん自分で買うことはない。

しかし私は頻繁に缶コーヒーを飲むのである。
メーカー、糖度、温度問わず飲むのである。
もちろん自分で買ったのではない。

工事中の現場には、昼休み以外に10時と15時に2回の小休止が存在する。
その時間に我々設計者が現場にいた場合、監督さんが職人さんや我々に飲み物の差入れをしてくれる場合がある。その飲み物がほぼ100%缶コーヒーなのである。

職人さんは缶コーヒーが好きである。大好物である。特に無糖。
夏は渇いたノドを潤し、冬は冷え切った身体を温める。
再開した仕事が大いに捗っている。

私は差し出された缶コーヒーを手に取って少し困ってしまう。
夏は首筋に当てて涼をとり、冬はカイロ代わりに握りしめる。
しかし、いつまでもそうもしてられないので飲んでみる。
大体20分もすれば胃がもたれてくる。
後々の仕事の効率が少し落ちる時もある。

dobuduke

現場ではいわゆるドブ漬けの状態が多い

そんな私は、職人さんへの差入れを自分で買うこともある。
むしろ積極的にそうしようと心掛けている。
当然自分の飲み物はお茶類にして危険を回避する。
さらに自分と同じ悩みの職人さんがいるかもしれないと思い、
お茶類を2~3本混在させておく。

小休止後、職人さんが仕事に取り掛かった時、
ほぼそこには2~3本のお茶類が残っている。

職人さんの大好物は缶コーヒーである。特に無糖。

球春に思う(再)

本日はプロ野球の開幕だそうで、野球ファンは大騒ぎである。
しかし私は、あまりワクワクした気分にはならない。

別に野球が嫌いではないし、野球音痴ということもないが、
ここ10年以上プロ野球を観に行っていない。

子供の頃は、地元阪急ブレーブスの大ファンだったから、
近くの阪急西宮球場によく試合を観に行った。
強いブレーブスに大いに熱狂していたことが思い出される。

実際に野球をプレーした経験も子供の頃でストップしている。
大人になってからは草野球チームに所属したこともなく、
ごくたまにテレビゲームの野球をした程度である。

全くもって野球ファンとは言い難い私であるが、
メジャーリーグも含めて何故か野球は嫌いではない。

昔は芸能人野球大会などという、今考えれば
何がどう面白いのか分からないようなテレビ番組まで見ていた。

ちっとも面白くない番組ではあったが、
毎回毎回ある同じシーンが、飽きもせず繰り返されるのを楽しみにしていた。
私はそのお馴染みの一場面見たさに、つまらない番組を我慢して見ていた。

そして4回裏1アウトランナー無し、ついにその場面が始まった。
主役はマチャアキと井上順である。
ピッチャーのマチャアキがバッターの順にわざとボールをぶつける。

怒る順がバットとヘルメットを投げ捨て、
鬼の形相でマウンドに近づいていく。

迎えるマチャアキもグローブを叩きつけ、
ケンカ腰で順に向かって、憎たらしい態度でマウンドを降りる。
乱闘寸前、一触即発のムードが高まりチームメートも心配する。

ホームベースとマウンドの中間地点で、ついに二人が対峙したその瞬間、
二人は手と手を取り合い、社交ダンスを狂ったように踊る。
両軍ベンチで笑いながらズッコケてみせる芸能人の群れ。

もう、毎年毎年これである。
去年は順がピッチャーで、マチャアキがバッターではあったが、
それ以外は寸分変わらない、正に偉大なる茶番が展開されるのだ。
これを見ずに風呂になど入ってられるものかと私はいきり立っていた。

スパイダースフロントの二人がコンビ芸人

さて、野球の季節ではあるが、今や野球ファンとは言えない私は、
さほど高揚しない。でも、今年は1回ぐらい球場に行きたいものだ。
社交ダンスは見れなくて良いが、いい試合は是非とも観たい

生き物たち

暖かくなってきて思い出だすことがある。
一昨年のこの時期、むし暑く感じたある雨の日のこと、
雨上がりの夜道で何か柔らかいものを踏んでしまった。

犬糞ではあるまいか?!と一瞬ヒヤリとしたがそうではなかった。
それは握りこぶし大のカエルだった。

幸い私の反射反応が早かったのか、カエルにはさほど体重が乗らなかったとみえ、
無言のままではあったが彼はノソノソと道路脇の雑草に姿を消した。

さて残された私の方は非常に気持ちの悪い感覚に苛まれていた。
足の感触もさることながら、カエルの姿自体を気持ち悪く感じてしまっていたのだ。

その湿った雑草の中にはカエルのみならず、当然ヘビやトカゲもいるだろう。
当たり前のその事実が凄く怖くなってしまい、ブルブルっと震えが出るほどであった。

気を取り直して歩き始め、ふと下を向くと雨に濡れた路面をミミズが這っていた。
ことここに至るとミミズの動きすら堪らなく気持ち悪く、ちょっとした恐怖すら感じてしまった。

私の場合、年々こうなっていく。
こうなっていくというのはつまり、動物を怖がってしまうということである。

子供の頃はこんな事はなかった。
カエルを握りしめて遊び回っていたし、イモリやヤモリも平気で捕まえた。
田舎育ちというわけではないが、家の周りにはまだ田んぼや畑がたくさんあった。

学校帰りに用水路の脇にアオダイショウがのたうちまわっていた日には、
素手で掴んでブンブン振り回していた。今考えるとちょっとした虐待にも感じられ、それはそれで反省すべきな程だった。

釣りに行けばミミズもゴカイも指でちぎった。
ハトもニワトリもカラスも何も怖くなかったから、追っかけ回して真似をした。
近所の河原に生息していた野良犬どもと堂々と喧嘩もしていた。

しかし今は全く駄目だ。カエルも虫も触ることすら出来ない。
ヘビだのトカゲだのに至っては、動物園の爬虫類館に入場することも憚られる始末だ。
カラスをはじめ鳥たちとの距離もかなり遠くなった。真似して遊ぶ気にもなれない。

このように、大人になり生き物たちと何となく疎遠になってしまった私ではあるが、
ただ1種類だけ、この流れに逆行する動物がいる。それが猫である。

猫は子ども時代の私にとって唯一の怖い動物であった。
近所の飼い猫も野良猫も触ることが出来なかった。友達が可愛がっていても私はそれを遠くから眺めていた。猫の目が薄気味悪く感じたし、猫嫌いの母から化け猫伝説を刷り込まれたこともあり猫には滅法弱かった。

ところがそんな私は今現在猫を飼っている。猫を可愛がっている。
猫と一緒に楽しく暮らすためにどういう空間が良いかを考えている。
猫の面白おかしい動きを少し研究して、建築家として何か出来ないかと模索している。

うちの猫が寝ている
うちの猫が寝ている

その結果、猫と建築のあるべき姿を多くの人と考え共有しようと、
「猫と建築社」なるヒネリのない名前のプロジェクトを立ち上げてみた。
まだまだ発展途上だが、猫に興味のある方はホームページをのぞいてみて欲しい。

さて今後も私と多くの生き物との距離はますます広がっていくのだろうが、
猫と犬だけは私のそばから離れないでいて欲しいと切に願うものである。