愛知・K邸『猫と楽しく暮らすおうち』ができるまで 3

愛知・K邸の基礎工事、配筋検査後は型枠工事からコンクリート打設へと進んで行きます。この工程はベース部分と立上がり部分の2度に分けて施工されます。

11月26日本日は基礎(ベース部)コンクリート打設

外周部の型枠と配筋が完了した現場

 

現場で成分検査されたコンクリート

 

成分・品質が適正に管理されたコンクリートが流し込まれる

 

基礎(ベース部)コンクリート打設完了

 

良質なコンクリートが良質な基礎をつくり、良質な基礎が良質な木造住宅をつくります。基礎の中身である鉄筋・コンクリート、基礎と住宅をつなぐアンカーボルト等の金物、建築とはすべてが大切なピースで出来てますな。

 

ベース部の乾燥後、立上がり部の型枠工事

 

立上がり部のコンクリート打設

金色の大きなネジ状の金物が、基礎と家をつなぐアンカーボルト


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA